エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

大津美子
おおつよしこ
1938年01月20日生まれ
愛知県 出身
1955(昭和30年)「千鳥のブルース」でデビュー。
「東京アンナ」の大ヒットで、一躍人気歌手の座を得る。
昭和31年、「ここに幸あり」。この歌は幾年月を経た今も歌いつがれ、
さらに海外でも「ニッポンの歌」として愛唱されている。また、ハワイでは
日系市民をなぐさめ、勇気づけた功績を認められ「名誉市民賞」を受ける。
昭和55年、突然、脳動脈破裂(クモ膜下出血)という不幸に襲われるが、
奇跡的に克服。新曲も出して、再起の道を歩む。

銀座の蝶

歌:大津美子  作詞:横井 弘  作曲:櫻田 誠一
ほこりまみれの 巷の夕陽
ビルにかくれりゃ 灯が点る
昨日みた夢に すがって泣いちゃ
生きては行けない 銀座だよ
弱音吐いちゃ駄目さ にっこりと
夜の蝶々は あゝ 飛ぶんだよ

いつか誰かに 死ぬほど惚れた
それも今では 語り草
いくら追ったとて 幸せなんぞ
やっぱり私にゃ 遠い虹
なまじ呼ぶじゃないよ 馬鹿なこと
せめてお酒が あゝ 恋人さ

つくりものでも 花咲く銀座
ここが小さな 故郷(ふるさと)さ
たとえ柔肌に 冷たい雨が
沁みよと叩こと 運命(さだめ)だよ
今日は明日を忘れ □笛で
夜の蝶々は あゝ 飛ぶんだよ



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊