エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

加納ひろし

かのうひろし
広島県 出身
血液型 A型
高校時代、ハイジャンプの選手として活躍(インターハイ8位)
大学時代からスポーツ特待生として推薦入学の誘いを全て断り、それまで秘めていた歌への道へと進む。最初は反対していた両親も、その熱意に負け、一年という約束で上京。とりあえず会社勤めをしていたが、たまたま雑誌で見た、故・米山正夫氏の歌謡学院に入門する。その後、「小野満とスイングビーバーズ」の専属歌手となる。昭和53年、「燃える赤ヘル僕らのカープ」でソロデビュー。昭和63年に作詞家・荒木とよひさ氏の元へ弟子入りする。

風の華

歌:加納ひろし  作詞:永井龍雲  作曲:永井龍雲
海峡は 荒くれる波
カモメが 啼き騒ぐ
未練残し発つ 人のように
遠ざかる フェリーボート
温もり求め 人が寄り添う
ターミナル 待合室
恋のいのち ちりぢり
儚くも 舞い飛ぶ 風の華

望郷が この胸を突く
夜汽車の 揺籃で
気丈に暮らす 母の姿
映し出す 曇り硝子
人の哀しみ そっと見て来た
鉄道 埠頭駅
愛の記憶 はらはら
寒々と 降り積む 雪の華

海鳴りが 掻き消して行く
激しい 慟哭を
漁火が灯る ぼんやりと
思い出の 集魚灯
慣れない酒に 酔い乱され
抱いて抱かれた 旅の宿
女心 こなごな 憐れにも
砕かれ 波の華

恋のいのち ちりぢり
儚くも 舞い飛ぶ 風の華



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊