エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

秋山涼子

あきやまりょうこ
東京都 出身
血液型 O型
子供の頃から歌が大好きで、日本テレビ「紅白歌のベストテン」でチビッ子実力日本一、フジテレビ「第一回紅白チビッ子歌合戦」優勝 、NHK「のど自慢グランドチャンピオン大会」などの経歴を持つ。
1988年5月「恋港」でデビュー。

CDと楽譜

秋山涼子ベスト・アルバム

2014-07-23
¥ 2,219(税込)
参考:¥ 2,700(税込)

瞼の母

歌:秋山涼子  作詞:坂口 ふみ緒  作曲:沢 しげと
軒下三寸 借りうけまして
申しあげます おっ母さん
たった一言 忠太郎と
呼んでくだせぇ 呼んでくだせぇ
たのみやす

(セリフ)
おかみさん 今何とか言いなすったね
親子の名のりが したかったら
堅気の姿で尋ねて来いと言いなすったが
笑わしちゃいけねえぜ 親にはぐれた子雀が
ぐれたを叱るは無理な話よ
愚痴じゃねぇ 未練じゃねぇ
おかみさん 俺の言うことを よく聞きなせぇ
尋ね 尋ねた母親に 倅と呼んで もらえぬような
こんなやくざに 誰がしたんでぇ

世間の噂が 気になるならば
こんなやくざを なぜ生んだ
つれのうござんす おっ母さん
月も雲間で 月も雲間で もらい泣き

(セリフ)
何をいってやんでぇ 何が今更、忠太郎だ
何が倅でぇ 俺にゃおっ母さんはいねぇんでぇ
おっ母さんは 俺の心の底に居るんだ
上と下の瞼を合わせりゃ 逢わねぇ昔の
やさしい おっ母の面影が浮かんでくらぁ
逢いたくなったら
逢いたくなったら 俺ァ瞼をつむるんだ

逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ
これが浮世と いうものか
水熊横丁は 遠灯り
縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る
おっ母さん



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊