エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

伍代夏子

ごだいなつこ
1961年12月18日生まれ
東京都 出身
血液型 A型
昭和62年にシングル「戻り川」でデビューし、35万枚を売り上げるロング・セラーを記録した。「忍ぶ雨」(平成2年)、女の淋しさを描く「恋挽歌」(平成3年)、故郷の母を想う「雪中花」(平成4年)などを立て続けにヒットさせ、紅白歌合戦出場や全日本有線大賞受賞などを果たした。平成11年12月には俳優の杉良太郎と入籍し、女性として、歌手としての魅力に一層の磨きをかけている。

北の舟唄

歌:伍代夏子  作詞:たきのえいじ  作曲:弦哲也
山背が吠えて 海鳴りなけば
船は港で 待ちぼうけ
やん衆かもめは 浜居酒屋で
夜毎 底なし 酒づかり
いいからさ いいからさ
注がせておくれよ 私にも
一升徳利 呑み干したなら
唄ってあげよか 舟唄を

荒くれ波が 命をけずる
そこがあんたの 夢舞台
辛口無口で ただうなづいて
うなる雨戸を 指でさす
いいからさ いいからさ
その手で私を 抱きしめて
すすけた柱の 暦をちぎり
待ってた分だけ 抱きしめて

いいからさ いいからさ
注がせておくれよ 私にも
一升徳利 呑み干したなら
唄ってあげよか 舟唄を



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊