エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

由紀さおり

ゆきさおり
1948年11月13日生まれ
群馬県 出身
血液型 A型
小学生時代、ひばり児童合唱団に所属。童謡歌手(コロムビア所属)として活躍。その後、NHKの歌のお姉さん、アニメの声優、CMソング等(300曲以上吹き込む)で活躍。1969.3.10 「夜明けのスキャット」でデビュー。全国にスキャットブームを起こし、爆発的なヒットとなる。

由紀さおりの歌詞

愛したもうことなかれ 愛人 逢いたくて逢いたくて 愛だとか 愛のさざなみ 愛のシンフォニー 愛は傷つきやすく 愛を切り札にして 赤い星・青い星~天文カラットの星から~ 赤坂の夜は更けて あきらめるのが好き あさきゆめみし 渥美地方の子守唄 アデュー あなたと共に生きてゆく duet with テレサ・テン あの日にかえりたい 雨に濡れた慕情 雨の夜あなたは帰る
いいじゃないの幸せならば 生きがい イズ・ザット・オール・ゼア・イズ? いそしぎ 「いちご白書」をもう一度
ウィークエンド ウィークエンド(映画『第三の男』より) 歌うたいのバラッド ウナ・セラ・ディ東京 う・ふ・ふ ヴァリーエ
お先にどうぞ オ・シャンゼリゼ 男ともだち 男のこころ 女に生れて悲しくて
回転木馬 かくれんぼ かたちばかりの幸福 悲しい悪魔 悲しき天使 哀しみのソレアード 金糸雀 枯葉の街 カンパリソーダとフライドポテト
ガラスの日々
帰省 季節の足音 季節の中で 季節風 木遣り育ち
空港 暗い港のブルース クレオパトラの涙
恋のバカンス 恋人たちの神話 恋文 恋祭 心の家路 こころもち 気まぐれ この愛を永遠に このままがいいの この世の果てまでそばにいて
再会 再会ラブソング サバの女王 さよならの走り書き さよならはダンスの後に さらば夏の日
しあわせ しあわせのカノン~第2章~ 知りたくないの duet with 平原綾香 シングル・ナイト
人生が二度あれば 人生という旅
スイートワルツの流れる川に スキャンダル 好きよ ストレート すべて思い出せる スマイル
セプテンバー・イン・ザ・レイン
そして‥生きなさい
たそがれタペストリー 黄昏のビギン タ・ヤ・タン
チューリップのアップリケ
つかの間の雨 つぐない 土に還るまで
手紙 天使のスキャット
TOKYOワルツ 時の流れに身をまかせ トーキョー・バビロン
どうぞこのまま
ナオミの夢 涙くんさよなら
博多人形に寄せて 初恋の丘 春の嵐
挽歌
パフ
ひみつの恋
ビリーヴ ビールの海
ふらりふられて 故郷 ふるさとはどこですか
ブルー・ライト・ヨコハマ
僕らの太陽は沈まない 慕情
マシュ・ケ・ナダ 街の灯り 真夜中のギター 真夜中のボサ・ノバ 真綿のように
みち潮 みんな夢の中
無縁坂 ムーンライト・セレナーデ
矢車草 ~夢二のおんな~ やりなおしたいの
夕月 夢もうすこし ゆらゆら ユー・アー・マイ・サンシャイン ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
夜明けのスキャット 夜霧よ今夜も有難う 四つのお願い 酔って膝まくら 寄り道 夜の果てまで 夜のフェリーボート
ラストタンゴ ラストダンスは私に duet with 坂本冬美
両国橋 りんどう小唄 りんどうの花
ルーム・ライト
別れの朝 別れの予感 わすれたいのに わたしのうた 私もあなたと泣いていい?

カンパリソーダとフライドポテト

歌:由紀さおり  作詞:吉田拓郎  作曲:吉田拓郎
両手には 小さな愛と
こぼれない程の 満たされた気持ち
くずれかけた 砂の家で
男と女が暮しを 始めた
幸福だよねと 笑みを絶やさず
懐かしい歌を 二人で口ずさむ

ささやかな夢は あくまで遠く
傷つきあう日は あくまで近く
淋しさ寄り添い 温めあえば
人と人とは ひとつと信じて
壊される前に 二人で出発て
昔の友より 明日の二人

心を開く 隙間をもちたい
閉ざしたままで 時をおくるな
一人がいやで 肩よせた筈
子供のように はしゃいだ日々もいい
風にまかれる 人生がある
たくましさだけで 疲れるよりはいい

心はふたつ 身体もふたつ
ひとつになりたい 願いは同じ
青い空見て はぐれた雲の
行方を追えば 涙も乾く
運命があると 思えるならば
寒さをしのぐ 寝ぐらはひとつ

君の身体は 心を癒し
僕の心は 君を突きさす
くずれかけた 砂の家で
木の葉のように 舞うだけ舞えばいい
朝陽を見たかい 嵐の中にも
懐かしい歌が 聞こえてくるだろう



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊