エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

三山ひろし

みやまひろし
1980年09月17日生まれ
高知県 出身
血液型 AB型
日本クラウン創立45周年新人オーディション 準グランプリ

長編歌謡浪曲 元禄桜吹雪 決斗高田の馬場

歌:三山ひろし  作詞:北村桃児  作曲:山倉たかし
一、
江戸は夕焼け 灯ともし頃に
夢を求めて みなし子が
国の越後の 空を見る
顔も赤鞘(あかざや) 安兵衛が
何時か覚えた 酒の味

二、
喧嘩するなら 相手になろか
俺は天下の 素浪人
真武士(まことぶし)なら 男なら
やると決めたら 安兵衛は
行くぞ白刃の 只中へ

のりやのばあさんが差出した
手紙を開く中山安兵衛
急ぎしたため参らせ候
堀内源左衛門先生道場で
深く知り合い
叔父甥の
義を結んだるこの菅野
引くにひけない武士の意地
村上兄弟一門と
高田の馬場で果し合い
六十すぎた拙者には
勝目は一つも御座無く候
後に残れる妻や子を
お願い申す安兵衛殿
文武秀れたそなたじゃが
酒をつつしみ身を修め
天晴れ出世なさるよう
草葉の陰から祈り参らせ候と
涙で書いた遺言状

安兵衛「ばあさん、今何ん刻だ。何、辰の下刻か。うぅむ、高田の馬場まで後半刻、南無や八幡大菩薩、此の安兵衛が行きつくまでは叔父の身の上守らせ給え。ばあさん、水だ、水を呉れ!」

関の孫六わし掴み
牛込天竜寺竹町の長屋を飛出す安兵衛は
小石を蹴とばし砂巻き上げて
宙飛ぶ如く駆けてゆく
此れを眺めた大工に左官
床やも八百やも米やのおやじも魚やも
それゆけやれ・



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊