エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

大石まどか

おおいしまどか
1972年09月08日生まれ
北海道 出身
血液型 B型
92年、「恋のしのび雨」にてデビューを飾る。以降、王道演歌路線から歌謡曲調に転じた「うぬぼれ鏡」「YEBISU善哉」「裏町ファド」、リストラされたサラリーマンを激励する「春遠からじ」など、シットリとしながらも芯の通った詞をウットリと熱唱。「愛に溺れて」では、山川豊と濃厚なデュエットを繰り広げています。また、優れた歌唱+演技力で、98年春の『ものまね王座決定戦SP』において見事優勝!--01年リリースのシングル「あれから」も好調につき、演歌界新女王の座を獲得すること必至であります。

夕陽しぼり坂

歌:大石まどか  作詞:喜多條忠  作曲:西つよし
祭りの山車(だし)には からくり人形
古い街並み 有松(ありまつ)は 夕陽のしぼり坂
鹿(か)の子 巻き上げ 柳のしぼり
わたしは胸の 涙をしぼる

ああ にぎわいに 背中を向けて
まだあの人 想ってる
今も抜けない 恋の括(くく)り糸

出会いも別れも 突然でしたね
ほんのつかのま幸せの 風がすり抜けた
時はあの日の サヨナラすらも
いつしか淡い 思い出にする

ねぇ さびしいね 男と女
なぜこころが すれ違う
好きになるほど なぜか傷つけて

ねぇ さびしいね 男と女
なぜこころが すれ違う
好きになるほど なぜか傷つけて



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊