エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

内田あかり

うちだあかり
1947年10月09日生まれ
大阪府 出身
血液型 A型
1967年大形久仁子でシングル「限りある日を愛に生きて」でデビュー。1973年「内田あかり」に改名し、その第1弾「浮世絵の街」が爆発的にヒット。1999年芸名を「内田明里」に変更。

石狩挽歌

歌:内田あかり  作詞:なかにし礼  作曲:浜圭介
海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ
雪に埋(う)もれた 番屋(ばんや)の隅で
わたしゃ夜通し 飯(めし)を炊く
あれからニシンは どこへ行ったやら
破れた網は 問(と)い刺(さ)し網か
今じゃ 浜辺でオンボロロ
オンボロボロロー
沖を通るは 笠戸丸(かさとまる)
わたしゃ涙で にしん曇りの 空を見る

燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に
海は銀色 にしんの色よ
ソーラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁(たいりょう)の 網を曳く
あれからニシンは どこへ行ったやら
オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボロロー
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る



イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊