エンターテインメント情報 イベントスタジアム
歌詞検索 イベスタ歌詞とる 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣 施設検索 イベスタまっぷ 楽しいお買い物 イベスタOnline イベスタニュース  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | 公演・コンサート情報 | CD新譜情報 | アーティストフラッシュ

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

鏡五郎

かがみごろう
1944年06月08日生まれ
大阪府 出身
1967年に『嫌んなっちゃった東京』でレコードデビュー。

鏡五郎の歌詞

大石内蔵助(おおいしくらのすけ)

歌:鏡五郎  作詞:木下龍太郎  作曲:宮下健治
松の廊下の 刃傷を
国へ知らせる 早飛脚(はやびきゃく)
殿に殉じて 切腹か
城を渡して 浪(ろう)の身か
揺れる家中を 前にして
ひとり思案の 内蔵助

「殿に忠節を誓い 藩の行末を愁う各々方のご心底 しかと見定め申した。
二心(ふたごころ)なき証拠の血判押したる連判状と各々方のお命は 赤穂藩城代家老
大石内蔵助良雄(よしたか) しかとお預り申す。」

問わず語らず 胸の内
妻に持たせた 離縁状
他人(ひと)の謗(そし)りを 背に受けて
廓(くるわ)通いの 撞木町(しゅもくちょう)
うつつ抜かすも やがて成す
秘めた大志の 隠れ蓑

「雌伏一年十ヵ月 亡き殿の仇を討つ日が遂に参った。これより吉良邸へ討入りいたす。
逃れる者は追うべからず、刃向う者のみ斬り捨てよ、目指すは吉良上野介殿の御首(みしるし)
ただひとつ。山と川の合言葉を忘れず各々方 存分にお働き召されい!」

殿のご無念 晴らすため
武士の一分(いちぶん) 立てるため
雪を踏みしめ 吉良邸へ
赤穂浪士が 四十七
今宵 討入り 大石が
打つは山鹿の 陣太鼓



イベスタ | イベスタ歌詞とる | イベスタまっぷ | イベスタTODAY | イベスタ盛りあげ隊