エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

石原裕次郎

いしはらゆうじろう
1934年12月28日生まれ
兵庫県 出身
日本を代表する映画スター。1956年、実兄の石原慎太郎が書いた小説「太陽の季節」の主役として映画デビュー。
日活のトップスターとなる。
歌手としても、「銀座の恋の物語」「ブランデー・グラス」などヒット曲多数。
TVドラマ「太陽にほえろ」、「西部警察」などヒット作多数。
1987年死去。

石原裕次郎の歌詞

愛への祈り 哀愁の十二番街 あいつ あいつと私 あいつの女 愛のうた 愛の絆 愛のくらし 逢えてよかった 逢えるじゃないかまたあした 青い滑走路 青い駒鳥の唄 青いサファイヤ 青い背広で 青い満月 赤い谷間のブルース 赤い波止場 赤いハンカチ 赤い帆影 赤坂の夜は更けて アカシヤは枯れた 赤と黒のブルース 秋子 足あと あしたの虹 明日は明日の風が吹く あじさいの歌 あの橋を渡ろう 雨に咲く花 雨の酒場で 雨のブルース 嵐を呼ぶ男 嵐の中を突っ走れ アラブの嵐 或る雨の午后 淡雪のワルツ
粋な別れ いつも二人で 彩りの街
宴のあと ウナ・セラ・ディ東京 海鳴りの宿 海に消えた恋 海の男だ 海びとの詩 海よお前だけに… 裏町人生
俺らにゃ俺らの夢がある 王将・夫婦駒 丘を越えて 小樽のひとよ 男が命を賭ける時 男と男の生きる街 男なら夢を見ろ 男の秋 男の嵐 男の心に星が降る 男の酒場 男の純情 男のブルース 男の友情背番号・3 男の横丁 お前に逢いたいぜ お前にゃ俺がついている 想い出 思い出さがし 想い出のジェニー 思い出ホテル 想い出はアカシア 面影 おもかげの女 おやじの舟唄 おれの小樽 俺の心に風が吹く 俺の詩集 俺の人生 俺は行くぜ 俺はお前に弱いんだ 俺は淋しいんだ 俺は東京のタフ・ガイさ 俺は待ってるぜ 俺は渡り鳥 女の意地 女ひとり
海峡を越えて来た男 海峡メルヘン 帰らざる海辺 帰り道別れ道 影を慕いて 影狩り 風花の宿 カスバの女 喝采 可哀そうな露子
ガス燈
黄色い月 帰郷 北国の空は燃えている 北の旅人 希望 君恋し 君こそわが命 君待てども 君も生命を 君忘れじのブルース 旧友 今日でお別れ きよしこの夜 霧にむせぶ夜 霧の波止場町
祇園町から 銀座・海・山 銀座の恋の物語 銀座ブルース 銀座夜のブルース
くちなしの花 口笛が聞こえる港町 雲に向かって起つ 狂った果実 紅の翼 黒い海峡 黒いシャッポの唄 クロスオーバー・ラブ
グッド・ナイト
喧嘩太郎 剣と花
恋の街札幌 故郷へ帰る 心のともしび 国境の町 孤独の詩-ウタ- 孤独の青春 粉雪の子守唄 この胸の高なりを こぼれ花 今宵もそっと
豪傑節
再会 さいはて哀歌 最果てから来た男 酒は涙か溜息か ささやき ささやきのタンゴ さすらい花 錆びたナイフ サヨナラ横浜 さよならは云ったけど さらば青春
残雪
幸福をいつまでも 倖せはここに 潮騒 四季の歌 シクラメンのかほり 清水の暴れん坊 上海ブルース 春愁 傷心の雨 勝負道 昭和たずねびと 白樺の風 白樺の湖 知りすぎたのね 知りたくないの 知床旅情 白い浮雲 白い手袋 白い花の咲く頃 白いブランコ 白い街
地獄花 人生劇場 人生の並木路
素晴らしき男性
青春の谷間 青春とはなんだ 青年の国をつくろう 戦士は傷つきながら眠る 船頭小唄
そっとおやすみ それぞれの旅
たとえばヨコハマ 旅笠道中 旅姿三人男 誰か故郷を想わざる 誕生日おめでとう
ダイナ/DINAH 誰もいない海
千切れ飛ぶ愛情
月影の男 月がとっても青いから 妻恋道中 露子に逢いたい 露子の手紙
天下を取る 天と地を駈ける男
でっかい青空
東京午前三時 東京の何処かで 東京の日曜日 東京の夜 東京ラプソディー 遠きふるさと 遠くへ行きたい 時には母のない子のように 時間よお前は… 利根の船頭唄
泣かせるぜ 泣きながら微笑んで 泣き虫酒場 泣きはしないさ 啼くな小鳩よ 泣くのはおよし 嘆きのメロディー 何故か愛せない 懐しのブルース 並木の雨 波千里 泪が燃える 涙は俺がふく 涙はよせよ 何とか言えよ
憎いあンちくしょう 日本海
白銀城の対決 波濤の彼方 波止場の女 花と竜 花の散りぎわ 波浮の港 遙かなる愛 遥かなる愛 反逆の報酬 反逆のメロディー
番外野郎
パパとあるこう
引き潮 ひとり寝の子守唄 ひとりのクラブ ひとりぼっちの青春 陽のあたる坂道
白夜の都
風速四十米 不思議な夢 二人の雨 二人の世界 ふるさと慕情
ブランデーグラス
ベッドで煙草を吸わないで
北斗七星 北斗七星 -乙女の神話- 星かげの海 星屑のブルース 星の子守唄 星の流れに 星の見えない街 香港の薔薇
ポプラと私
街から街へつむじ風
水色のワルツ 緑の地平線 孤児の歌 港が見える丘 港町涙町別れ町 港町のうたが聴こえる 港町の少女 港町ふたりづれ 港町ブルース 港は雨に濡れて みんな誰かを愛してる
過去の恋人 無情の街 無情の夢 紫の雨
モカの匂う街 もろ人こぞりて
柳ヶ瀬ブルース
勇者たち ゆうすげの花 雪国の町 雪なさけ 夢織りびと
夜明けのうた 夜明けの街 夜汽車にて 夜霧の愛 夜霧の恋の物語 夜霧のサンパウロ 夜霧の終着駅 夜霧のブルース 夜霧の舗道 夜霧の慕情 夜霧よ今夜もありがとう よこはま・たそがれ よこはま物語 夜の足音 夜の渚 夜のプラットホーム 夜よ
別離(ラズルカ) ラブユー東京
離愁
黎明
ロンリーナイト ロンリーウェイ
若い生命を傾けて 若い魂 別れて明日 別れの磯千鳥 別れの言葉に接吻(くちづけ)を 別れのタンゴ 別れの伝言 わが人生に悔いなし 鷲と鷹 忘れた虹 忘れるものか 忘れはしないいつまでも ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー

女の意地

歌:石原裕次郎  作詞:鈴木道明  作曲:鈴木道明
こんなに別れが 苦しいものなら
二度と恋など したくはないわ
忘れられない あのひとだけど
別れにゃならない 女の意地なの

二度と逢うまい 別れた人に
逢えば未練の 泪をさそう
夜風つめたく まぶたにしみて
女心は はかなく 哀しい

想い出すまい 別れた人を
女心は 頼りないのよ
泪こらえて 夜空を仰げば
またたく星が にじんでこぼれた




イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊