エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

大月みやこ

おおつきみやこ
大阪府 出身
昭和39年6月20日「母恋三味線」でキングレコードよりデビュー 。昭和59年度 全日本有線大賞特別賞 (女の港)平成4年度  第34回日本レコード大賞 大賞 (白い海峡)など受賞多数。

大月みやこの歌詞

愛いつまでも~Forever Love~ 愛愁 愛にゆれて… 愛のかげろう 灯り 未来(あした)への歌 あなたと共に
潮来舟 いのちの海峡 命の花 今はこのまま
歌はいかがですか
大阪ごころ 大阪の女 大阪ふたりづれ 大阪夜霧 おしず おもいで探し 面影橋 女さすらい おんなざけ 女の哀愁 女の駅 女のかがり火 女の子守唄 女の涙 女の舞 女の港 女ひとりの日本海
かくれ宿 潮風岬(かぜみさき) かりそめの恋 かりそめ橋 かわせみ
喫茶店の片隅で 京都ひとり
銀座の蝶
くらやみ橋から
月下美人のように
恋歌しぐれ 恋しぐれ 恋におちて-Fall in Love- 恋のしずく 恋一夜 恋文の宿 恋ものがたり 恋もよう 心の駅 心ひとすじ 去し方の宿 こぼれ酒 これからもふたり
酒場の角で 酒よ 今夜は
幸せ明日も 四季桜 終着駅にて 白い海峡 信じています
水仙 棄てたあなたにまた惚れて
泉州恋女房 千年の花
袖笠雨
ためいき川
抱かないで 抱きしめて ダンス・パーティーの夜
月に咲く花 月の海峡
手酌さのさ
東京こおろぎ 東京暮色 とまり木の花
名残りの花 浪花の灯り 涙かさねて なみだ橋 なみだ星
新妻に捧げる歌 西陽
根室海峡
儚な川 橋ものがたり 花くれないに 花言葉はもういらない 花しずく 花・ときめいて 花宴 母恋三味線 母なる海よ
陽だまり ひとり越前~明日への旅~ ひとり語りの恋歌 ひとり酔い ひなげし小唄 ひゅるひゅる橋
ふたりの灯 冬海峡 冬の駅 冬の華
紅の傘 紅ひとり
豊予海峡 星影の小径
乱れ花 乱れ雪 未来への歌 みんな夢の中
霧笛の宿
巡る愛
燃える恋 戻り橋暮色
夕霧 ゆうすげの花 雪おんな 雪文 夢追い橋 夢つづり 夢に抱かれて 夢日記 夢の中なら 夢のなごり
夜明けのうた より添い花 夜の雪
リサイタル 流氷の宿
別れてひとり 忘れな草をあなたに

かわせみ

歌:大月みやこ  作詞:杉紀彦  作曲:弦哲也
(台詞)
きれいな川鳥でした
透(す)きとおった空色の背中と 脚がサンゴの色してて
それに羽根がヒスイの色してましたわ
何であのとき そんなこまかいとこまで見てたんやろ
(あれは かわせみや)
そう教えてくれたあの人とは そのとき
何(なん)や別れるような気がしたんです
まぼろしの鳥かわせみやなんて
二度と見られへんかもわかれへん鳥を
あのとき あの橋で見たやなんて……
なんと皮肉なことですやろか

春というのに えりまき巻いて
あんた見送る 未練橋
手をふるだけの 別れとちがう
二人の背中に 残した爪あと
離れちゃだめと いたみが走る
私 なりたい 夜明けのかわせみ

(台詞)
まぼろしの鳥をみたさかい
私とあの人の事(こと)もまぼろしになってしもうたんやろか……
かわせみのメスのくちばしは赤い言いますけど
あれは きっと死ぬ想いで恋をしているからやと……そい思います

おんな一人を 残して夜明け
急に寒さが しめつける
約束ひとつ してへんけれど
心に身体に あんたが溢れて
この先つらい 月日が来ます
恋を追いたい 夜明けのかわせみ




イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊