エンターテインメント情報 イベントスタジアム
イベスタ歌詞検索 演歌情報 イベスタ演歌 音楽ショー舞台 イベント情報 全国格安 タレント派遣  お気に入りに追加する
TOP | 演歌歌手情報 | カラオケ店情報 | CD新譜情報

イベスタ演歌・歌詞検索

プロフィール

加納ひろし

かのうひろし
広島県 出身
血液型 A型
高校時代、ハイジャンプの選手として活躍(インターハイ8位)
大学時代からスポーツ特待生として推薦入学の誘いを全て断り、それまで秘めていた歌への道へと進む。最初は反対していた両親も、その熱意に負け、一年という約束で上京。とりあえず会社勤めをしていたが、たまたま雑誌で見た、故・米山正夫氏の歌謡学院に入門する。その後、「小野満とスイングビーバーズ」の専属歌手となる。昭和53年、「燃える赤ヘル僕らのカープ」でソロデビュー。昭和63年に作詞家・荒木とよひさ氏の元へ弟子入りする。

CDと楽譜

加納ひろし全曲集〜おんな海峡物語〜

2017-10-25
¥ 2,840(税込)
参考:¥ 3,100(税込)

大阪夜霧

2010-02-03
¥ 1,234(税込).

大阪夜霧

2010-02-03
¥ 1,234(税込).

さすらい挽歌

歌:加納ひろし  作詞:志賀 大介  作曲:小田 純平
自分流に 生きているのさ
誰に後ろ指 さされようとも
いろんな奴が ばらけて去(い)ったよ
俺もあいつ等から見れば 徒(ただ)のばらけ者
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌

地の果てまで 連れて行ってと
俺のこの胸を 叩いて泣いた
しあわせ薄い 小さな拳(こぶし)が
今もこの瞼をよぎる 俺のはぐれ雪
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌

やがて何時(いつ)か 草の褥(しとね)で
俺も泥のように 眠る日が来る
むなしい酒と 知りつつ今夜も
心忘れるまで呑んで 命泣かせてる
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌





イベスタ | イベスタ歌詞検索 | イベスタ盛りあげ隊