イベスタ演歌 |  イベスタ |  ログイン
叶純子

叶純子 ARTIST FLASH!!

2006年01月18日 「アンタ/愛は腕の中」リリース

「アンタ」歌詞

作詞/やまもと伯 作曲/やまもと伯

夜の夜中に爪を切ったら
親の死に目に 会えなくなると言う
疾(とう)の昔に 両親なくし
ひとりぽっちが 身体に染み込んだ
そんなアタシを 拾ってくれて
忘れかけてた 温もり
くれるアンタも 似たよな運命
いつも背負って 生きてきたの

すねた目をして 世の中見てた
バカな女を 叱ってくれたのさ
おまえ一人が 不幸じゃないと
涙浮かべた アンタに惚れたのさ
慣れぬ優しさ くすぐったいが
もっと続けてほしいよ
なんでアンタに 今頃遭って
同じこの道 歩いてるの

そうさ今度は アタシの番さ
演歌みたいに 尽くすよ
柄じゃないけど 品良く生きて
アンタ一筋 生きていくよ
2007/04/19 00:08:58 |  Lyric | 

コメントを書く

お名前:
タイトル:
URL:
コメント:

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://enka.evesta.jp/kanoujunko/tb31e6436
カラオケ店情報 |  我ら演歌ファン |  演歌歌手情報 |  公演・コンサート情報 |  CD新譜情報 |  イベスタ演歌管理人ブログ |  イベスタ演歌のご案内